チャイルドライン京都

■ 最新情報

◆ 最新情報はブログ(カテゴリー:チャイルドライン京都)をご覧下さい。

■ チャイルドライン とは・・

チャイルドライン
・電話のことは 誰にも言わないよ
→守秘の徹底
・名前は言わなくていいんだよ
→匿名性の尊重
・イヤになったときは、いつでも切っていいんだよ
→子ども(掛け手)が主体
・どんなことでも 一緒に考えるからね
→傾聴・共感にもとづく受容

チャイルドラインをご存知ですか?

子どもたちが誰かと話したいとき、困ったり悩んでいること、嬉しかったことなど、匿名でなんでも話せる電話が「チャイルドライン」です。

おとなが先走って助言したり問題解決するのではなく、話すことで子どもの気持ちを受け止め、子どもと一緒に考える――子ども自身の主体性をサポートすることを目的としています。

1986年にイギリスではじめられたこの活動は、欧米をはじめ、東欧、アジアなど世界の60ヶ国で実施されています。日本では1998年に初めて東京世田谷区の市民団体により開設されました。現在(2008年12月)では35都道府県65団体に活動が広がっています。

■ チャイルドライン京都・子ども電話

京都では、2000年12月に期間限定開設でスタート。2002年11月から常設で、毎週2回・月曜日と木曜日に実施していました。
2008年11月からは、月曜日から土曜日までフリーダイヤル(0120-99-7777)で実施しています。

子どもたちの声を聴くことで、今、子どもが置かれている状況を知り、おとなとして何をしなければならないか考えるとともに、「子ども」をキーワードに地域のさまざまなネットワークが創られ、その輪が広がっていくことを願っています。

主催:特定非営利活動法人 京都子どもセンター

共催:財団法人 京都ユースサービス協会

協賛:
京都洛東ライオンズクラブ
国際ソロプチミスト京都―桃華・
京都シニアライオンズクラブ・

協力:
特定非営利活動法人おとくにパオ・
特定非営利活動法人山科醍醐こどものひろば・
特定非営利活動法人京都八幡こどものひろば・
城陽親と子の劇場

後援:京都市児童館学童連盟

★★ チャイルドラインを絵にしてみよう! ★★

チャイルドラインを絵にしてみようコンクールは、9月16日(火)、募集は締め切らせていただきました。沢山のご応募ありがとうございました。

応募作品175点の一次審査で75点が選ばれ、 10月18日(土)・19日(日)梅小路公園で、京都文化祭’08「市民ふれあいステージ」出展、 一般審査投票を行いました。

2日間天候に恵まれたこともあり、1120名の方が投票して下さいました。 最終審査に入り、2008年12月には、優秀作品を決定します。

2009年1月10日(土)に表彰式を行います。来年春には、選ばれた作品を元にチャイルドライン京都の新しいポスターとカードが、 出来上がる予定です。 結果報告と新しいポスター・カードを今しばらくお待ちください。

 

★★ チャイルドライン紙芝居 ★★

紙芝居

「チャイルドラインってなあに」という紙芝居ができました。
子どもたちに、よりチャイルドラインを理解してもらえるように京都精華大学のインターンシップ実習生がつくってくださいました。

ご連絡いただければ、紙芝居を上演させていただきます。

TEL:075-365-1166 FAX:075-365-1166

E-mail/ infoアットマークkodomo-doki.org(アットマークを@に変更してください)

 

★★ チャイルドライン京都ボランティア養成研修会 ★★

研修会開催中!

あなたもチャイルドライン京都の活動に参加しませんか?
ボランティアに関心のある方は下記までお問い合わせください。

●問い合わせ先

〒600-8104
京都市下京区五条通高倉西入万寿寺町143
いづつビル6階
NPO法人京都子どもセンター宛

TEL:075-365-1166 FAX:075-365-1166

E-mail/ infoアットマークkodomo-doki.org(アットマークを@に変更してください)